その背中の痛み骨折ではありませんか

多発性骨髄腫について

「多発性骨髄腫(MM)」とは、いわゆる血液のがんであり、骨髄の中で形質細胞という抗体(かぜのウィルスなどをやっつける物質)を作る細胞ががん化・増加することにより、貧血や、風邪をひきやすくなるなどの易感染性、尿毒症などの腎機能障害、骨痛・骨折などの骨病変などの多彩な症状を呈する病気です。

このサイトでは、多発性骨髄腫の基礎から、多発性骨髄腫と骨病変、骨病変の治療についてご案内します。

 
ページの先頭へ